読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山梨県笛吹市 地域おこし協力隊

笛吹市地域おこし協力隊の公式ブログです。運用方針(http://www.city.fuefuki.yamanashi.jp/shisei/info.php?id=1482)に従って運用します。笛吹市公式HP(https://www.city.fuefuki.yamanashi.jp/)

親子で温泉も入れる♪山梨県子育て体験ツアーに潜入してきた

笛吹のいいところ(生活) 移住体験

笛吹市地域おこし協力隊の木村です。

先月こんな記事を書きましたが、

fuefuki-okoshi.hatenablog.com

またまた山梨県主催の「子育て体験ツアー」にお邪魔してきました!

今回も首都圏から親子が参加!

12月7日に開催されたツアーには、首都圏に住む親子5組12名が参加しました。甲府市の「幼保連携認定型こども園 すみよし愛児園」を見学した後、一行は笛吹市の公営温泉「なごみの湯」に到着。ここでお昼ごはんと温泉を楽しみます。

f:id:fuefuki_okoshi:20161208113911j:plain

 

地元ママと交流♪

なごみの湯に着いたママたちは、同会場で開催されていた「子育てするなら、温泉の町ふえふきじゃんね!計画」に合流。このイベントは笛吹市子育て支援グループ「NPO法人 Happy Space ゆうゆうゆう」が展開するもので、未就園児の親子がゆっくり温泉に浸かれるユニークな取り組みです。なんと、おむつがとれていないお子さんも参加できるのだそう。

温泉に入る前に、まずは地元ママとの交流食事会が開催されました。

f:id:fuefuki_okoshi:20161208114727j:plain

f:id:fuefuki_okoshi:20161213144026j:plain

 首都圏のママたちからは、山梨県について「自然が多い」「土地が広い」「ゆったりしている人が多い」という声があがりました。中には「天井が高い建物が多い」という地元の人はなかなか気づかない意見もありました。

食事の後はヨガでリラックス。体をほぐしたらいよいよ温泉タイムです♪

f:id:fuefuki_okoshi:20161208114312j:plain

お母さんがゆっくりできる工夫 

お母さんがヨガなどをしてゆっくりしている間、子どもたちを見守ってくれるのはNPOのスタッフや、ボランティアさん。お母さんたちは安心して子どもを遊ばせておけます。

またボランティアさんの中にはおじいちゃんおばあちゃんの姿も。異世代交流できるのも魅力ですね。

f:id:fuefuki_okoshi:20161208114507j:plain

 

大好評だった温泉イベント

温泉を楽しんだ首都圏ママたちは、デザートの柿を味わった後、帰路につきました。

ちなみにこの日、 なごみの湯では10時~17時までイベントが行われましたが、最終的に100人の参加者が訪れたそうです。地元のママたちにも大好評!

今年度の事業は終了しましたが、また来年度開催される予定とのこと。「子育てするなら、温泉の町ふえふきじゃんね!計画」がこれからどんどん広がるといいなぁ~と思いました。