読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山梨県笛吹市 地域おこし協力隊

笛吹市地域おこし協力隊の公式ブログです。運用方針(http://www.city.fuefuki.yamanashi.jp/shisei/info.php?id=1482)に従って運用します。笛吹市公式HP(https://www.city.fuefuki.yamanashi.jp/)

町内放送で訃報!? 山梨に移住して驚いたこと3つ

こんにちは、笛吹市地域おこし協力隊の木村です。

山梨に引っ越して早数か月。「ぶどう畑がカジュアルにありすぎ」など、驚いたことは様々ありますが、今回はもう少し細かいことを紹介してみます。

f:id:fuefuki_okoshi:20160901134641p:plain

①朝、町内放送の訃報で目覚める

防災情報や時刻を知らせる町内放送。これは東京にもありましたが、山梨では一味違う使われ方がしています。

一番驚いたのが訃報

朝7時から「○○の○○さんが亡くなりました、葬儀は△△で~」と、流れてきます。その他にも電話詐欺に関する注意喚起や、地域のイベント情報が流れてきたりとフル活用されています。山梨だけでなく地方では当たり前なのかも知れませんが、驚きました。

 

②乱立する「ハッピードリンクショップ

f:id:fuefuki_okoshi:20160901135052j:plain

山梨を車で走ると、「ハッピードリンクショップ」という自動販売機コーナーをやたら見かけます。Wikipediaによると、

 

2006年頃より知る人ぞ知る状態であったが、2008年頃になると設置される場所が急激に増え、山梨県を中心に全店舗は750に昇る

 

 とのこと。株式会社フローレンという企業が中心となって展開しているようです。

だから何?というような情報ですが…(笑)

 

③ごみ置き場が遠い!回収日少ない!

これは地味に辛いです。名古屋に住んでいた頃も、東京に住んでいた頃も、ゴミは家のほぼ目の前に出せていたのですが、今は徒歩5分ぐらいかかります(もちろん住む場所にもよるかと思いますが)。私を含め、ゴミ置き場には車で行く人が多いです。

 

回収日も少ない。燃えるごみは週2回出せますが、ペットボトルなどの資源ゴミは月1回、粗大ゴミは年4回のみ。厳しい!

救済措置として、常時ペットボトルなど資源ゴミを回収しているスーパーもあります。

 

ふと思いついたのは以上です!他にもあったらまた更新します!