読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山梨県笛吹市 地域おこし協力隊

笛吹市地域おこし協力隊の公式ブログです。運用方針(http://www.city.fuefuki.yamanashi.jp/shisei/info.php?id=1482)に従って運用します。笛吹市公式HP(https://www.city.fuefuki.yamanashi.jp/)

古民家でまったりコーヒータイム…宿泊もできる芦川の「農啓庵」

笛吹のいいところ(観光)

※2016年12月追記

 「農啓庵」ではカフェとしての営業が、惜しまれつつ終了しました。

 (宿泊などではまだ利用できると思います)

 他の物件が見つかれば、カフェを再開する予定もあるとのことです。続報を待ちましょう。

こんにちは、笛吹市地域おこし協力隊の木村です。

今回は笛吹市芦川町にある素敵スポット「農啓庵」をご紹介。

f:id:fuefuki_okoshi:20160825155247j:plain

 

金・土・日だけオープンする古民家カフェ

田舎暮らしのあこがれ”古民家”を修繕して誕生した施設「農啓庵」。

金・土・日限定でカフェがオープンします(不定休あり)。

f:id:fuefuki_okoshi:20160825155152j:plain

 

時を忘れてまったり

古民家に一歩足を踏み入れると、土間に畑で獲れた野菜が。まるでおじいちゃんやおばあちゃんの家に帰ってきた気分になれます。

さらに進むと囲炉裏を発見。

f:id:fuefuki_okoshi:20160825160118j:plain

客席は低めで、外を眺めながらゆっくりできます。

f:id:fuefuki_okoshi:20160825160244j:plain

2階にも客席があります。

f:id:fuefuki_okoshi:20160825160430j:plain

テーブル1つと、ゆったりした椅子が2脚あるだけの静かな空間です。

 

マスターのモットーは「店内に時計やカレンダーを置かない」。お客さんにゆっくり過ごしてもらうための工夫です。

 

マスターは観光大使!?

20年前に芦川を好きになり、それ以来遠方から芦川に通い詰めているマスター。

おすすめスポットはもちろん、周辺のお年寄りに聞いてまわった歴史やエピソードなどを教えてくれます。

芦川の”観光大使”とも言えるマスターとお話ししながら、2時間3時間と過ごすお客さんが多いのだとか。そのお客さんの多くが芦川を好きになり、再び農啓庵を訪れるそうです。

 

宿泊施設にもなります!

申し込みをすれば、宿泊施設としても利用できるとのこと。

詳しくは管理団体にお問い合わせください→055-298-5071(てんころりん村)

ただ、最近は予約が取りにくい状況だそうです。

f:id:fuefuki_okoshi:20160825163451j:plain

(↑2階の窓から見た風景)

 

今回行った場所

「農啓庵」

笛吹市芦川町上芦川296

カフェの営業日は基本的に金・土・日曜日ですが、急きょお休みになることもあります。

Facebookhttps://www.facebook.com/noukeian/