読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山梨県笛吹市 地域おこし協力隊

笛吹市地域おこし協力隊の公式ブログです。運用方針(http://www.city.fuefuki.yamanashi.jp/shisei/info.php?id=1482)に従って運用します。笛吹市公式HP(https://www.city.fuefuki.yamanashi.jp/)

「協働」について考えてみるワークショップ

f:id:fuefuki_okoshi:20160801094310j:plain

笛吹市地域おこし協力隊・木村です。

7月29日に 「みんなで笛吹市市民協働のCMを作ろう!」(http://www.city.fuefuki.yamanashi.jp/file/8/576b3b03b5d79.pdf

というワークショップに参加しました。

 

分かりそうで分からない「協働」について考え、CMを作ろうというワークショップ。

市民活動をしている方や、市役所職員などが参加し、「協働」について参加者が意見を出し合いました。

 

協働とは「はてなキーワード」によると

異なる主体が何らかの目標を共有し、ともに力を合わせ活動すること

 ワークショップでも「協力」「つながり」のほか、「自発性」といったキーワードが出てきました。

 

市民活動をする上で困っていることを挙げる時間には、

「資金問題」や「若い人の不足」、「モチベーションを持続させる難しさ」といったことが挙げられました。

 

私が一番共感したのは「若い人の不足」。

地域おこし協力隊じゃなかったら、このワークショップに参加していないだろうなぁ~。私を含め、若い人は自分のことで精一杯で、地域のために何かしようなんて考えないでしょう。

それにやる気があっても、何から始めたらいいか分からない人もいるかと思います。

 

ワークショップはまだ続くので、自分なりの答えを見つけたいと思います。